BLOG

2021.12.8

伊丹美容室 kir'oom【キールーム】ドライヤー正しく使えていますか??

こんにちは伊丹の美容室キールームのスタイリスト岡田です

毎日何気なく使っているドライヤー

ただ乾かすのにもいくつかポイントがあって、

正しくドライヤーを使いこなせてる方は意外と少ないのではないかと思います

今日はそんなドライヤーのポイントをいくつかご紹介します!





【自然乾燥orドライヤー。髪や頭皮に優しいのはどっち?】

髪を濡れたままにしておくと湿気がこもります。

その湿気に皮脂が加わると雑菌が繁殖し

頭皮環境が悪化してニオイやかゆみの発生原因となります。

また、髪が濡れたままだとキューティクルが開いたままになるので

摩擦を受ける度にキューティクルが傷つき、ダメージを受けてしまいます。

なので頭皮のためにも髪のためにもお風呂から上がったらなるべく早く

ドライヤーで乾かすようにしましょう。



【ドライヤーの向きに正解ってあるの?】

基本的に「上から下」「後ろから前」に風を当てるのが正解です!

ロングの人は特に下の画像のような当て方をしがちですが、

これだと髪がまとまりにくく、乾きやすい中間・毛先にばかり風が当たり、パサパサになりやすいです

↓↓良くない例↓↓



乾かすときは下を向いて

ドライヤーを「上から下」「後ろから前」になるようにあてましょう。

根元を中心に乾かして、全体が8~9割ほど乾いたら冷風に切り替え、

下の画像のように上から下に手ぐしを通しながら風を通すとツヤが増します↓



【ドライヤーは揺らすor揺らさない?】

ドライヤーは揺らして使いましょう!

地肌に風と熱が一箇所に当たり続けるのは地肌にとって負担になってしまいますので

ドライヤーを軽く振りながら一箇所に集中しないように乾かすのが正解です。



【根元から毛先までどこから乾かすのが正解?】

乾かす順番は根元から、温風で地肌からしっかりと乾かすのが正解です。

地肌が濡れたままではかゆみやニオイの元となってしまいます。

また、毛先の方から乾かすと乾燥しすぎてパサつきや枝毛の原因となってしまいます。

全体が8~9割ほど乾いたら冷風に切り替え、

上から下に手ぐしを通しながら乾かしていきましょう。



ご来店いただいたお客様には乾かし方のアドバイスも一緒にしておりますので、

分からないことなどありましたらお気軽にご相談ください!

Kir'oom(キールーム)

スタイリスト

岡田 嵩平

一覧へ戻る
PAGE TOP